Welcome to JACET Hokkaido Chapter !  JACET北海道支部へようこそ!

JACET北海道支部は大学英語教育学会(JACET)を構成する北海道における支部組織で、所属支部会員は百数十名にのぼります。
  毎年7月に開催される支部大会、年3回から4回開催される研究会(講演会などを含む)、『Research Bulletin of English Teaching』の刊行など、20年以上にわたって研究会活動を積極的に行っています。

 
 
 
2018(平成30)年度 北海道支部大会及び支部研究会
2018(平成30)年度北海道支部大会
日時:2018年7月7日(土)
会場:北海道大学(予定)

JACET北海道支部では「支部大会」及び「支部研究会」の研究発表者を1年を通じて随時募集しています。以下の申し込みサイトからご応募ください。

     日本語による発表はこちら / Presentation in English

※JACETの会員の方は、北海道支部以外の方でも応募することができます。
※発表に関する問い合わせは、jacethokkaidocontact[at]jacethokkaido.sakura.ne.jpまでお願いします。
  ([at] を@(半角英数)に変えてご送信ください。)



 
 JACET北海道支部 2017年度 第2回支部研究会(HELES及びJCA北海道支部合同開催)を開催しました。

日時:2018年3月11日(日) 13:00~17:45
場所:札幌大谷大学セレスタ札幌キャンパス

12:30~13:00 【受付】
   
13:00~13:05 【開会式】
   
13:05~14:05 【基調講演】
  「対人コミュニケーションとマスコミュニケーションの融合の時代」
高井 次郎(名古屋大学)
abstract
   
14:15~14:45 【研究発表①】
「The Indirect Effects of Testing: Can Poor Performance in a Vocabulary Quiz Lead to Long-Term L2 Vocabulary Retention?」
Kohei Kanayama (Sapporo Otani High School)
Kiwamu Kasahara (Hokkaido University of Education)
abstract
 
14:50~15:20 【研究発表②】
  「タスクを用いた英語授業における学習者の意識」
北海道英語教育学会Speaking研究会
志村 昭暢(北海道教育大学)
abstract
    
15:25~15:55 【ワークショップ①】
  「小学校における英語活動の苦手意識は克服できます!」
駒木 昭子(北海道教育大学)
abstract
    
15:55~16:10 【交流会】
   
16:10~17:40 【ワークショップ②】
「Creating Effective Tests that Can Improve Students’ English Proficiency: Theory and Practice」
Kiwamu Kasahara (Hokkaido University of Education)
Rintaro Sato (Nara University of Education)
abstract
    
 17:40~17:45 【閉会式】 




【基調講演】
「対人コミュニケーションとマスコミュニケーションの融合の時代」
高井 次郎(名古屋大学)

[要旨]
  コミュニケーション学は従来コミュニケーションが交わされる人数の規模によって、研究領域を個人内、対人、小集団、集団、組織、マス、国際、異文化などの分類によって特徴づけられてきました。ところが、近年のコミュニケーション技術発展により、情報発信・受信各レベルの境界線が曖昧になり、特に最も異なるとされていた対人コミュニケーションとマスコミュニケーションの領域の区別がつかないことがわれわれの日常生活において多々生じています。本講演では「マスパーソナル・コミュニケーション」の特質、その利点と弊害、さらにニューメディアのリテラシーの必要性について論じます。
戻る
【研究発表①】
「The Indirect Effects of Testing: Can Poor Performance in a Vocabulary Quiz Lead to Long-Term L2 Vocabulary Retention?」
Kohei Kanayama (Sapporo Otani High School)
Kiwamu Kasahara (Hokkaido University of Education)

[要旨]
  It has been believed that good performance in a test contributes to subsequent high retention of the tested items while poor performance does not. Recent studies have sought to find the optimal way to make up for this poor performance, and have indicated that giving the subsequent learning session soon after the test is one such way. The present study is different from previous studies in that we used L1-L2 word pairs to examine whether restudying immediately after the failure in the test is useful for long-term retention. This study found that a restudy session soon after poor performance in the test enhanced long-term L2 vocabulary retention because learners benefited from the indirect effects of testing. Thus, English teachers should take such effects into consideration when organizing vocabulary quizzes and restudy sessions.
戻る
【研究発表②】
「タスクを用いた英語授業における学習者の意識」
北海道英語教育学会Speaking研究会
志村 昭暢(北海道教育大学)

[要旨]
  近年,英語授業においてタスクを取り入れることが求められている(松村編, 2017等)。タスクを利用する様々な利点が指摘されているが,学習者はタスクを利用した授業について,どのような意識を持っているのだろうか。本発表では,中学校及び高等学校の学習者に対し,タスクを用いた授業を行い,授業後に学習者への自由記述式アンケート実施し,その結果をKHコーダ(樋口, 2004)によって分析し,その特徴を明らかにする。
戻る 
【ワークショップ①】
「小学校における英語活動の苦手意識は克服できます!」
駒木 昭子(北海道教育大学)

[要旨]
  平成32年度から全面実施が目前となった小学校外国語活動・外国語の実際を体験してみるのはいかがでしょうか。児童へのインプット?「読み・書き」の技能?コミュニケーション?本当のところは,どうなっているのかなどについて,机上の…ではなく,実際に小学校で行われるべき活動を観取していただければと思っております。小学校英語に関する疑問・不安・誤解の除去が目的のワークショップです。
 戻る
【ワークショップ②】
「Creating Effective Tests that Can Improve Students’ English Proficiency: Theory and Practice」
Kiwamu Kasahara (Hokkaido University of Education)
Rintaro Sato (Nara University of Education)
 
[要旨]
   In the Japanese English as a foreign language (EFL) situation where there is no practical need to use English in our daily life, most of the students in junior and senior high school are studying English for tests, either regularly scheduled tests (teikikousa) or entrance examinations. Thus, tests have definitely a great impact on what and how to teach and learn English, or we can go so far as to say, tests can dominate teaching and learning. With this in our mind, tests are supposed to be made so that they can assess students’ English abilities accurately as well as improving students’ English proficiencies. However, as Wakabayashi and Negishi (1993) claimed more than two decades ago, English tests in Japanese schools and entrance exams are far from flawless: They are not measuring knowledge, skills, and abilities in English accurately, sometimes giving harmful backwash effect. Since their strong claims (Wakabayashi & Negisi, 1993), we have seen rapid progress in the testing theories and assessment. However, in practice, we have not yet seen a development in regularly scheduled tests in school and some (many?) entrance exams. There is a definite need to improve the quality of tests now.
   In creating tests that can measure abilities well, effectively improving students’ English skills, we have to pay great attention to “validity”, ‘reliability”, “practicality” and “backwash effect”. In the WS style presentation, presenters discuss: these basic principles in creating tests; consider how teachers should measure students’ communicative abilities in English: various types of question formats. In addition, presenters and the audience have discussions after analysing some test-items and questions.
 

支部大会

2017(平成29)年度北海道支部大会を開催しました。
クリックすると拡大画像が見られます

詳しくは「支部大会」をご覧ください。

 
支部研究会
2017(平成29)年度第3回支部研究会を開催しました。
詳しくは「支部研究例会」をご覧ください。