Welcome to JACET Hokkaido Chapter !  JACET北海道支部へようこそ!

JACET北海道支部は大学英語教育学会(JACET)を構成する北海道における支部組織で、所属支部会員は百数十名にのぼります。
  毎年7月に開催される支部大会、年3回から4回開催される研究会(講演会などを含む)、『Research Bulletin of English Teaching』の刊行など、20年以上にわたって研究会活動を積極的に行っています。

   
 
2021(令和3)年度第2回支部研究会を以下の通り開催いたします。
第一夜:3月8日(火)18時30分開始
第二夜:3月9日(水)18時30分開始

発表の応募締め切りは、1月31日(月)です。皆様のご応募をお待ちしております。
(※3本以上の発表申し込みがあった場合は申込み者と相談のうえ2本の発表とさせていただきます。)

JACET北海道支部では「支部大会」及び「支部研究会」の研究発表者を1年を通じて随時募集しています。以下の申し込みサイトからご応募ください。

     日本語による発表はこちら / Presentation in English

※JACETの会員の方は、北海道支部以外の方でも応募することができます。
※発表に関する問い合わせは、jacethokkaidocontact[at]jacethokkaido.sakura.ne.jpまでお願いします。
  ([at] を@(半角英数)に変えてご送信ください。)

 
 戻る
 

JACET北海道支部 2021(令和3)年度第1回支部研究会を開催しました。
2021(令和3)年度第1回支部研究会
日時: 11月17日(水) 18:30~20:10
会場: オンライン開催(ZOOM)

18:00~18:30 【受付】
   
18:30~18:35 【開会式】
 
18:35~19:00 【実践報告①】
“Conducting Online Classes: Challenges and Discoveries”
Akira Iwata (Hokkaido Musashi Women’s Junior College)
abstract
   
19:05~19:30 【実践報告②】 
   “With the Beatles”
Kiwamu Kasahara (Hokkaido University of Education)
abstract
   
19:30~19:40 【休憩】
   
19:40~20:05 【実践報告③】
「教育向け動画ツール『Flipgrid』を活用した授業実践」
上野 之江(北海学園大学)
abstract
   
20:05~20:10 【閉会式】

【実践報告①】
“Conducting Online Classes: Challenges and Discoveries”
Akira Iwata (Hokkaido Musashi Women’s Junior College)

[要旨]
   The COVID-19 pandemic has changed everything, including education. One of the most affected areas was tertiary education and how classes are delivered. Most of the institutions in Hokkaido had to switch many of their class delivery modes from face-to-face to online. This presentation focuses on one particular lecturer in one particular educational institution and shares information on what he did, how he felt, and what he learnt from the experience. He dealt with classes that mainly centered on language skills including: reading, listening, and writing. There were many restrictions during the initial period of online study. However, as the students’ and the educational institution’s online connections improved and the amount of equipment, such as PCs available for students, increased, these restrictions were gradually reduced. He discusses some strong points and shortcomings of the different class delivery modes and introduces some software he used as well as some he currently uses.


【実践報告②】
 “With the Beatles”
Kiwamu Kasahara (Hokkaido University of Education)

[要旨]
   The main aim of this English course is to develop students’ productive skills through a graded reader called The Beatles (Penguin Readers). The students are supposed to read the story and answer some given questions before the class. In class, they communicate with their classmates in English through activities such as small talk, paraphrasing, and T-or-F quizzes. They also share their opinions based on their writing assignment. Of course, they enjoy singing songs by the Beatles!


【実践報告③】
「教育向け動画ツール『Flipgrid』を活用した授業実践」
上野 之江(北海学園大学)

[要旨]
  発表者は昨年、「英語コミュニケーション」オンライン課題提示型授業でスマホの録音機能を利用した課題提出を通して学生の発話が向上したことを観察した。今回はより簡便な録画機能を持つFlipgridを利用しその効果を探っている。長所のひとつとしてRetake機能がある。学生が自分のトークを録画する時に、自主的に録画を見直し何回でも録画を繰り返すことができる。本実践報告では、教員向けFlipgrid登録方法、学生向け録音方法などを参加者に体験していただきながら、その概要と機能を紹介したい。


戻る



支部大会

2021(令和3)年度支部大会を開催しました。
 詳しくは「支部大会」をご覧ください。
 
支部研究会
2020(令和2)年度第2回支部研究会を開催しました。
詳しくは「支部研究例会」をご覧ください。