Welcome to JACET Hokkaido Chapter !  JACET北海道支部へようこそ!

JACET北海道支部は大学英語教育学会(JACET)を構成する北海道における支部組織で、所属支部会員は百数十名にのぼります。
  毎年7月に開催される支部大会、年3回から4回開催される研究会(講演会などを含む)、『Research Bulletin of English Teaching』の刊行など、20年以上にわたって研究会活動を積極的に行っています。

   
 
 
2019(令和元)年度 北海道支部研究会
2019(令和元)年度 第1回北海道支部研究会
日時:2019年11月23日(土)
会場:北海道教育大学サテライトキャンパス
※研究発表応募締め切り日は2019年10月14日(月)となります。

2019(令和元)年度 第2回北海道支部研究会
日時:2020年2月29日(土)
会場:天使大学


JACET北海道支部では「支部大会」及び「支部研究会」の研究発表者を1年を通じて随時募集しています。以下の申し込みサイトからご応募ください。

     日本語による発表はこちら / Presentation in English

※JACETの会員の方は、北海道支部以外の方でも応募することができます。
※発表に関する問い合わせは、jacethokkaidocontact[at]jacethokkaido.sakura.ne.jpまでお願いします。
  ([at] を@(半角英数)に変えてご送信ください。)


   
 JACET北海道支部 2019(令和元)年度 支部大会を開催しました。

日時 : 2019年 7月6日 (土) 13:00 - 17:15
場所 : 北海道武蔵女子短期大学 3号館2階 322教室

12:00~12:30 【受付】
   
12:30~12:50 支部総会】
 
13:00~13:05 【開会式】
   
13:05~13:30 【研究発表①】
  「英語学習における動機減退のプロセスとその要因 −PAC分析と複線径路・等至性アプローチ(TEA)による分析− 」
三ツ木 真実 (小樽商科大学)
abstract
 
13:35~14:00 【研究発表②】
  「セラピスト養成大学で英語プログラムを創る試みータスクとプロジェクトを学びの中心に据えて」
大池 京子(北海道千歳リハビリテーション大学)
abstract

14:10~15:10 基調講演】
  「教室内英語スピーキング評価の実現可能性:年間を通じた安定的な実施に向けて」
小泉 利恵(順天堂大学)
abstract
   
15:10~15:40 交流会・業者プレゼンテーション】
 
15:40~17:10 シンポジウム】
  Theme: Integrating Theory and Practice in Testing and Assessment
abstract

コーディネーター:Kiwamu Kasahara (Hokkaido University of Education)

パネリスト:
1) 「A Testing and Assessment Course for Pre-service English Teachers」
Kiwamu Kasahara (Hokkaido University of Education)
abstract

2) 「Evaluating classroom speaking activities with a performance test: Is it really valid and reliable?」
Rintaro Sato (Nara University of Education)
abstract

3) 「Evaluating students’ writing: Why, what, and how?」
Aiko Sano (Sapporo International University)
abstract

助言者:Rie Koizumi (Juntendo University)

  
 17:10~17:15 【閉会式】 


【研究発表①】
「英語学習における動機減退のプロセスとその要因 −PAC分析と複線径路・等至性アプローチ(TEA)による分析− 」
三ツ木 真実 (小樽商科大学))

[要旨]
  本研究の目的は、大学生英語学習者の英語学習経験の語りを通じて、英語学習の動機づけ減退におけるダイナミックなプロセスと減退をもたらした要因を捉えることである。この研究では、インタビューを中心としたデータの収集と分析を行った。動機減退の過程で調査協力者にどのような経験があったかを具体的に捉えるために、個人別態度構造分析(PAC分析)(内藤,2002)を実施した。その結果を踏まえて協力者へのインタビューを行い、複線径路・等至性アプローチ(TEA)(安田・サトウ,2017)による分析を行った。分析の結果、英語学習環境に存在する様々な社会的要因が学習者の動機の減退に影響を与え、さらには教師の行動や英語力に対する自己認識、他者との比較等の具体的な出来事によって協力者に新たな信念や価値観が生じ、それらが学習動機に変容をもたらす要因となっていたことが明らかとなった。

戻る
【研究発表②】
「セラピスト養成大学で英語プログラムを創る試みータスクとプロジェクトを学びの中心に据えて」
 
大池 京子(北海道千歳リハビリテーション大学)

[要旨]
  英語教育者として、日々の教育実践と研究活動は絶え間なく続くサイクルであり、教師はその途上で直面する様々な課題を解決しながら、プログラムの改善を図る。(クマラヴァディヴェル、2001))発表者は当初、3つの課題に直面した。すなわち、1)英語学習に対して、モチベーションが低い学生が多く、また英語力も、幅があるとは言え平均的に低いこと。2)英語必修科目が2講座しかないにも関わらず、プログラムに課された目標が高いこと。3)セラピストを目指す学生を養成する大学で英語教育を担当する教師自身が、「医療英語」という教える内容についてほぼ知識と経験がないこと。そこで、教師は、「バックワードデザイン」でのシラバス作成、学習者の自律、主体的・共同的学習、「学び方を教える」といった概念(中嶋、2000)を応用し、様々な試みを思考錯誤しながら展開した。研究上の様々なテーマの中で、教師が常に最優先で心がけたことは、学生が将来セラピストとして現場に立っても、専門性を開発し続けられるように、「学生がモチベーション高く参加し、しっかりとした英語力をつけられる授業を創る」ことであった。この発表では、特に、2年次の必修科目「保健医学英語I」のファイナルプロジェクトに焦点を当て、コースデザイン、発表の様子、英語力の伸長を、学生による授業評価と試験結果を基に、質的分析と量的分析を加えて考察する。

戻る
【基調講演】
「教室内英語スピーキング評価の実現可能性:年間を通じた安定的な実施に向けて」
小泉 利恵(順天堂大学)

[要旨]
  授業において英語のスピーキング指導の成果を評価することは重要であるが、実施されていないことも多い。スピーキングテストの方法に不慣れだったり、評価するのに自信がなかったりなどの教員側の問題以外に、テスト作成や実施や採点に時間がかかる、採点が機械的にできないなど、テストの性質の問題がある。また、発音や語彙・文法、正確さや流暢さなど話すことの側面は多様で、さらに発表とやり取り、準備ありと即興、技能単独と技能統合などの要素も考慮すると、一つの形式だけで測れず、どの形式をどの時期に用いるか等の選択も入り、難しいと捉えることもあるだろう。本講演では、教室内のスピーキング評価を年間を通じて行うために、どのような体制や研修システム、資料などが必要かについてまとめたい。そのために、国内外で長期的に安定的にスピーキング評価を実施している例を紹介し、それを可能にしている仕組みについて考察する。

 戻る
【シンポジウム】
Theme: Integrating Theory and Practice in Testing and Assessment

[要旨]
  More and more attentions have been paid to testing and assessment theories. This symposium focuses on how these theories can be applied to practice, employing three practice cases. Active participation of the audience is more than welcome.
 
[パネリスト]
1) 「A Testing and Assessment Course for Pre-service English Teachers」
Kiwamu Kasahara (Hokkaido University of Education)

[要旨]
 There are many English teachers who are enthusiastic about improving their lessons. However, there are few teachers who are willing to improve their tests or assessment. One of the greatest reasons for this is that there are no courses for testing and assessment in most teacher-training colleges (Kasahara & Sato, 2017). Several years ago, the presenter started a mandatory testing and assessment course, in which pre-service English teachers learn basic concepts of testing, how to measure four skills, and create a term-test in groups using an authorized JHS textbook. They are told that they should think about how to evaluate their students before considering how to conduct their lessons. Irresponsible testing items without any clear testing points can discourage learners (Wakabayashi & Negishi, 1993); good testing items that reflect the goal of lessons can encourage them to study more. Though there are no perfect tests or assessment in the world, the pre-service teachers learn how to make better tests and assessments to improve test-takers English proficiency.

 戻る 
 
2) 「Evaluating classroom speaking activities with a performance test: Is it really valid and reliable?」
Rintaro Sato (Nara University of Education)

[要旨]
 To make Japanese EFL students motivated to speak English, just giving opportunities for communication in English is not enough as they are, in general, “… reluctant to communicate in English, especially when the main focus of the lesson is on communication”(Tomita & Spada, 2013. p.593). Though my English class, entitled “Foreign Language Communication”, is based mainly on Task-based Language Teaching(TBLT), I often follow a step by step approach, in which students learn and practice before being engaged in real communication, by including reading aloud, communicative practice and Four Round Practice as well as the inclusion of Translanguaging practice. In my talk, I will introduce those activities that have made my student more motivated to speak English. In addition, performance tests seemed effective in increasing students’ motivation to speak in the class, showing a positive washback effect. However, I have been skeptical of the reliability and validity of performance tests. In fact, I…
 In the presentation I will share my concerns with the audience and other presenters to have a fruitful discussion.

 戻る 
 
3) 「Evaluating students’ writing: Why, what, and how?」
Aiko Sano (Sapporo International University)

[要旨]
 Writing has been referred to as “the neglected child in the family of the four skills” (Freedman, Pringle and Yalden, 1996), and it still has not been given the due attention and affection in the L2 classrooms. Such reluctance in teaching writing is partially rooted in the challenges teachers face in evaluating students’ writing. Shifting away from too heavy focus on accuracy of students’ writings, use of rubrics in writing evaluation is becoming the norm of the L2 classrooms today. Although it has been widely accepted as a valid mean of summative assessment, using rubrics may not be the best approach as a formative assessment. It is simply not fine-tuned enough for the learners to feel the progress they are making. In this presentation, the speaker will share her ideas of formative assessment in her writing classes, with examples drawn from her Academic Writing classes in which students engaged themselves in making a newspaper on their own, writing various genre of articles.

 戻る 

支部大会

2019(令和元) 年度北海道支部大会を開催しました。
クリックすると拡大画像が見られます

詳しくは「支部大会」をご覧ください。

 
支部研究会
2018(平成30)年度第2回支部研究会を開催しました。
詳しくは「支部研究例会」をご覧ください。