Welcome to JACET Hokkaido Chapter !  JACET北海道支部へようこそ!

JACET北海道支部は大学英語教育学会(JACET)を構成する北海道における支部組織で、所属支部会員は百数十名にのぼります。
  毎年7月に開催される支部大会、年3回から4回開催される研究会(講演会などを含む)、『Research Bulletin of English Teaching』の刊行など、20年以上にわたって研究会活動を積極的に行っています。

 
 JACET北海道支部 2017年度 第1回支部研究会を開催します。

日時:2017年11月19日(日) 13:00~15:20
場所:北海道文教大学 8号館 831教室
交通アクセス:
http://www.do-bunkyodai.ac.jp/facilities/access/

※参加ご希望の方は、下記URLより事前登録をお願いします。<締め切り日 11月 16日(木)>
https://goo.gl/forms/tr0Za251RHFcrIAX2


12:30~13:00 【受付】
   
13:00~13:05 【開会式】
   
13:05~13:30 【研究発表①】
  「外国語活動における、外部人材の指導観:PAC分析による日本人ALTの調査から」
飯田 美耶 (北海道大学大学院・院生)
abstract
   
13:35~14:00 【研究発表②】
「Exploring the use of I don’t know in online forums for learning a language」
Ami Sato (Lancaster University, Graduate student)
abstract
 
14:00~14:20 【休憩・交流会】
 
14:20~14:45 【研究発表③】
  「An experimental academic writing course involving media literacy and news production」
Sarah Richmond (Hokkaido Bunkyo University)
Aiko Sano (Hokkaido Bunkyo University)
abstract
   
14:50~15:15 【研究発表④】
  「学習者から見た認知言語学的アプローチによる語彙学習」
三ツ木 真実(北海道文教大学)
abstract
 
15:15~15:20 【閉会式】

※発表に関する問い合わせは、jacethokkaidocontact[at]jacethokkaido.sakura.ne.jpまでお願いします。
  ([at] を@(半角英数)に変えてご送信ください。)


【研究発表①】
「外国語活動における、外部人材の指導観:PAC分析による日本人ALTの調査から」
飯田 美耶(北海道大学大学院・院生)

[要旨]
  2011年から始まった外国語活動の主たる指導者は学級担任が担うことになっている。しかし、現職の小学校教員の多くが、学級担任単独での授業を行えず、外部人材を活用しているのが現状である。2020年度からの新学習指導要領では、小学校における英語教育の低学年化・教科化が決定しており、今以上に外部人材の需要が増えることが予想される。現時点で日本人ALTの割合は少ないものの必要とされた時どのように介入していけるのか、そのために今がどうなっているのかを把握することが重要であると考えた。本研究の目的は、日本人ALTの指導観を明らかにすることである。外国語活動に携わる日本人ALTの指導観についてPAC分析を用い、質的な観点から分析を行った。その結果、構成主義的と考えられる指導観が観察された。
戻る
【研究発表②】
「Exploring the use of I don’t know in online forums for learning a language」
Ami Sato (Lancaster University, Graduate student)

[要旨]
  In this paper I will describe the purposes of using ‘I don’t know’ in the context of online language learning forums by looking at the participants’ usage of the phrase in advice seeking and giving interactions from a perspective of politeness. The data is based on comments of threads posted to two public forums between 2011 and 2014, where the participants voluntarily join and help each other in learning a language. I examined the data quantitatively and qualitatively drawing on Spencer-Oatey’s (2008) rapport management model. The result of quantitative analysis shows that the most frequent four-word expression in both forums is ‘I don’t know’ and the qualitative analysis indicate that the participants used this phrase not only to declare their lack of knowledge but also to construct their identities and manage interpersonal aspects of their communication. I will suggest pedagogical implications for teaching with ICT in relation to EFL/ESL education.
戻る
【研究発表③】
「An experimental academic writing course involving media literacy and news production」
Sarah Richmond (Hokkaido Bunkyo University)
Aiko Sano (Hokkaido Bunkyo University)

[要旨]
  This paper will serve as a report on a cross-curricular academic writing course that attempted to combine a variety of writing genres with media literacy and news production. During a required second year course at a university in Hokkaido, students were asked to produce their own newspapers over a 15 week period, either in groups or on an individual basis. They were free to choose their own themes, as well as decide on whether to write a fictional or factual paper. The themes chosen by students were varied and included a paper on Ainu culture, one called Space Times, and another that focused on a world run by cats. The students received lectures on various newspaper writing styles such as front page news, editorials, features, sport reporting, photojournalism and business writing. They then replicated each style while producing their own original articles based on their theme. Students were required to also read articles from news sources such as The New York Times, The Guardian, and The Japan Times in order to evaluate how journalists approach each genre, as well as how to evaluate journalistic integrity. In this age of fake news and unverified reporting, this served as a way to increase the critical literacy of the students through hands-on production of their own media. At the end of the course, students shared their newspapers in the form of a poster presentation, and a short explanatory speech on what they had written. This report will also include the students’ reflection on the course, and will discuss the effect of such courses on the motivation of students with regards to writing.
戻る 
【研究発表④】
「学習者から見た認知言語学的アプローチによる語彙学習」
三ツ木 真実(北海道文教大学)

[要旨]
  語彙学習に対する認知言語学的なアプローチには、多義語の持つ中核的な意味を表すコア・ミーニングを扱ったものがある。2000年代前半以降、多義語の学習及び指導のためにコア・ミーニングを用いる研究が一定数見られるようになってきている。これらの研究では、推測や記憶の保持におけるコア・ミーニングの効果検証や、イメージ・スキーマと翻訳(辞書)に基づく指導の比較による効果検証などが中心的に行われている。しかしながら、これらの研究では、研究者(教師)側の視点からのみ検証がなされており、コア・ミーニングが学習可能なものとして学習者に捉えられているのか、また、実際に学んだ知識を応用可能であると学習者が捉えているのか等、学習者の視点を取り入れた形で議論が深められているとは言い難い。そこで、本研究では多義語の指導・学習ツールとしてのコア・ミーニングに対して、学習者がどのような認識をしているかについて調査を行った。
 戻る
2017(平成29)年度 支部研究会
第2回研究会(HELES及びJCA北海道支部合同開催)
2018年3月11日(日)
場所:札幌大谷大学
※研究発表の申込期限は2018年1月29日(月)になります。

JACET北海道支部では「支部研究会」の研究発表者を1年を通じて随時募集しています。以下の申し込みサイトからご応募ください。

     日本語による発表はこちら / Presentation in English

※JACETの会員の方は、北海道支部以外の方でも応募することができます。



 

支部大会

2017(平成29)年度北海道支部大会を開催しました。
クリックすると拡大画像が見られます

詳しくは「支部大会」をご覧ください。

 
支部研究会
2016(平成28)年度第3回支部研究会を開催しました。
詳しくは「支部研究例会」をご覧ください。